スポンサーリンク

詐欺にあったお話

スポンサーリンク
昔話

今回は前回の借金地獄からSNSで詐欺にあったお話をします。
前回の記事→借金地獄の始まり
FXで総額90万円近く借金ができた私はinstagramでふと、おすすめを見ました。
そこでRさんの投稿が目に入り、プロフィールを拝見。
並び代行・投資・資金調達・FXの自動売買などのSNSではよく見るアカウントでした。
しかし、他のアカウントとは違うものがありました。
それは、洋服の青山さんのCMに出演していたことでした。
借金を早く返したい私は思考回路が停止していたのかもしれません。
CMに出ているだけでRさんにDM(ダイレクトメッセージ)を送りました。
今の現状を包み隠さず全て話しました。
Rさんは私に投資金額がないので資金調達・出会い系サイト(なりすまし)・並び代行で投資金を稼ぎ自動売買ソフトに入金すれば不労所得が入る話でした。
そこで、出会い系サイトと並び代行では少額しか稼げないので資金調達をお願いしました。
LINEを追加すると、Sさんと名乗る人物とRさんの3人グループに招待されました。
Sさんは資金調達に必要なクレジットカードを発行する為の間に入る仲介人といった感じでした。
アフィリエイトを知っていたので、クレジットカードを発行させて報酬金を獲得されると頭によぎりました。
しかし、疑ってもしょうがないと思った私は言われるがままに進めました。
2社の発行URLを提示され、発行手続きを開始。
借入は本来、年収の3分の1までが上限なので発行できる訳がなく、1社目審査落ち。
「2社目も発行できないだろう」と思っていましたが、2社目はかなり審査が甘かったらしく、審査が通り発行できてしまいました。
その時には、すっかりR、Sさんを信じ切っていました。
Rさんから「発行完了後、僕宛に郵送してください」と指示され、何も躊躇せず郵送しました。
クレジットカードを郵送するということが、まずおかしな話であり、普通の人間は人にクレジットカードを渡すなどしませんよね(笑)
2~3日足っても届かず、「絶対にやられた」と確信しました。
しかし、5日程足った日に「無事届きました」の連絡。
「意外に詐欺ではないのか?」なんて思っていました。
ショッピングとキャッシングを合わせて50万円の利用可能額があり、キャッシングの20万円を換金して資金調達完了といった話でした。
グダグダな感じでしたが無事20万円を口座に入金確認。
「良かった」「疑って申し訳なかった」と思いました。
その月はスマホゲームに課金したこともあり10万円は月の支払い、使い残りの10万円で自動売買ソフトに投資することを決めました。
自動売買ソフトもOさん、Rさんの3人グループに招待されました。
Oさんも取引業者との仲介人のような人物でした。
指示に従い10万円入金後、即取引が開始されました。
一攫千金ではなくコツコツ稼ぐ自動売買の為少額でしたが、すぐ利益がでて安心しました。
なぜか、私が取引をしようとしてもエラーとなりポジションを持てませんでした。
それはレバレッジを使う私にとって良かったのかもしれません。
そんな安心しきっていたころ…クレジットカード会社から1通のメールが届きました。
内容は「ショッピング枠:286000円使用」と書かれていました。
見た瞬間、顔面蒼白となり冷や汗が出ました。
Rさんにすぐに確認を取りました。
すると「知らない」「わからない」と言われ、なら不正利用だと思ったのでクレジットカード会社に連絡することを伝えると、「やめてください」「他で稼げば大丈夫!」など「は?」となりました。
とりあえず、クレジットカード会社に連絡をしたいからカード返却を申し出ました。
しかし、「カードは換金後破棄しました」との返信。
最悪、リボ払いで今月は乗り越えよう。と思いましたが、リボ枠は10万円が限度で次の支払いが186000円一括払いになっていました。
何とかしようと考えた結果、自動売買ソフトから利益が出ているものの、出金するしかないと決めました。
Oさんに出金依頼の連絡を取りました。
帰ってきた返事は「半年経たないと出金不可」。
「え?何言ってんの?」となり説得しましたが受け付けてくれません。
そして、3日後には資金が全て溶けており、「自動売買ソフトの不具合が発生」との報告。
もう何もできることがなく、SNS詐欺サポートセンターに連絡。
それでも、住所が特定できない(郵送で送った宛先は後に嘘と発覚しました)為「どうすることもできない」と言われ、弁護士に相談することになりました。
相談結果は「裁判には勝てるが相手がお金を返さない選択ができるから返金されない可能性もあるし、裁判などの費用も掛かってしまうから、警察にまず被害届を出しなさい」と言われました。
後日警察に電話し警察署に向かいました。
ドラマや映画などで見る取り調べのような感じで事情聴取開始。
結果的に「クレジットカード会社は資金調達の為に発行すると思っていない」「君も騙している側の人間だよ」と言われ、何も起こらず終わってしまいました。
2日後にRさんと元々会う予定があった私は弁護士さんには「誰かを連れていき録音などをして証拠を取ったほうが良い」と言われたのですが、警察の方は「行けばうまい話を持ち出され丸くされてしまう」と言い、納得した私はRさんに会うことを辞めました。
警察とのお話後、Rさんに電話。
結局「僕は知らない」「換金には手数料が掛かる」など訳が分からないことを言われ、呆れたので全てのグループを退会・ブロックし終わらせました。
ルイヴィトン表参道店、高速代に使われた286000円は帰ってくることはありませんでした。
その月。親に泣きながら借金・詐欺のことを打ち明けました。
本当に親には迷惑を掛けてしまっています。だからこそ必ず恩返しをしなくてはいけない。
そんな気持ちでいっぱいです。
このブログを読んで共感して頂けたり、今後の注意になってもらえたら嬉しい限りです。
最後に今でも警察さんに言われて心に響き、気持ちが楽になった一言を載せておきます。
「俺も昔詐欺にあったことがある。高い勉強代を支払ったと思いなさい。生きていれば、いつか笑い話になるのだから。」
この一言でいつか未来が明るくなることを信じて、今を生きています。

昔話
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました