スポンサーリンク

緊張した。。。

スポンサーリンク
日常

今日は大学で実技試験がありました。
いつになっても実技試験は緊張しますね。
今回の試験は肘を後方に」脱臼した患者さんを想定しての課題でした。
3人一組で最後に私がやったのですが、前の2人が指と肩の課題をやったので、なんとなく肘の予想があったにも関わらず、声が震えてしまいました(笑)
どうしたら、本番で緊張しなくなるのですかね(笑)
人生において永遠の課題かもしれません。
昔から緊張しやすいのか、これが普通なのか分かりませんが、、、
野球をやっていたときは守備では大声を出して緊張をほぐせていたのですが、問題は打撃なんですよね。
一人舞台で打ちたい気持ちと凡打の不安がいつもあり、打席に立つ前から毎試合心臓が出そうになるほど緊張していました。
キックボクシングの試合では1試合目はド緊張、2試合目は緊張、3試合目は普通となれもあるのかなと思いました。
でも、それなら野球のほうが経験はあるので緊張は軽減できるはず。
しかし、キックボクシングのほうが緊張はしない。
そこで、就活の講師(前回ブログの講師)に言われたことを思いました。
「緊張はする。でも軽減させるには練習をするしかない」と言われました。
心にグサッと来たのが自分でもわかりました。
キックボクシングと野球の緊張度合いは練習量だと感じます。
野球は正直、高校まではやらなくてはいけないと思いながらやらされていました。
でも、キックボクシングは自分で月額を払い防具など、お金がかかるものは
自分で払う。
やらされているのではなく、好きなことをやっている。
そして、練習は勝つために必死でやる。
ここが、野球とキックボクシングで生まれた緊張度合いの違いだと思います。
なので、今回の実技テストは練習量が足りなかったのかもしれません。
もっと真剣に練習していれば緊張が軽減したかもしれない。
そんなことを考えながら不合格通知が来ないことを祈っています。

 

日常
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました