スポンサーリンク

洋画 ラブアゲインを見た感想

スポンサーリンク
日常

昨夜、洋画のラブアゲインを見ました。


昨日はいつものようにYouTubeの映画紹介で気になった動画を見て映画を見るのではなく、なんとなくU-NEXTで探しました。
最近はホラーやサスペンスなどではなく恋愛映画を見るようにしています。
中でもドロドロとした恋愛ではなく純愛映画を見ています。
見ない理由として、、、
ホラーに関して
・グロイ
・心が沈む
サスペンスに関して
・人が死ぬ
・血が多い
なんとなくのイメージですが、こんな感じで見るメリットが少ないかなと思ってしまいます。
SFに関しても都市伝説が好きなので否定はしていませんが、夢や幻想で片づけてしまうので微妙です。
逆に恋愛映画は心が浄化された気分になり、今後の人生でも使えるような気がします。
※ドロドロは駄目です。
そんな感じで昨夜はラブアゲインを見ました。
決め手はあらすじを見た時の直感です。
映画は本選びと同じで直感でいいと思ったものは何かのメッセージがあると感じています。
見た感想としては、人は何歳からでも変わることは出来る、愛は素晴らしいということ。
主人公は正直自分に似ているなと思いました。
女遊びをしない、1人の女性を愛してきた。
なんだか似ているような気がしました。
そんな人でも関わる人が変わる・環境が変われば人生は簡単に変わる
私はそんな風に感じました。
かなりカオスなシーンもあり笑ってしまいました。
結果的にハッピーエンドで良かったです。
愛の力はすごいもので言葉にすることが大事だと改めて思いました。

日常
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました