スポンサーリンク

映画「天使のくれた時間」を見ました

スポンサーリンク
日常

本日は、一本の映画をご紹介します。
今日紹介する映画は、「天使のくれた時間」です。
ニコラス・ケイジ主演の名作洋画です。
ビジネスでの成功を夢見て一流銀行の研修に向かいます。
ロンドンに向かう空港でケイト(恋人)とジャック(主人公)は別れを決めます。
13年後にジャックは大手金融会社社長となり、地位・名誉・金を手に入れ完璧な人間でした。
しかし、クリスマスイブの夜に、とある黒人(キャッシュ)に出会い「これから起きることは自分で招いたことだ」と言われます。
家に帰ったジャックは眠りにつきました。
クリスマスの朝、目が覚めると横には別れたはずのケイトがいて、子供2人と犬もいる一軒家にいました。
夢なのか人生が一転していました。
元々高層マンションに住んでいたジャックは状況が呑み込めず、家を飛び出して家、会社に向かいました。
マンションに入ろうとしたジャックでしたが警備員に止められてしまい、「顔も名前も知らない」と言われます。
ならばと、会社に向かいますが社長の名簿を見るとジャックの名前は無く、別の人間の名前になっていました。
パニックになるジャックの前にキャッシュが現れます。
キャッシュは状況を理解しているようで「この時間から答えを見つけろ」と言われます。
何も分からないジャックは周りの人間に自分の事を聞き出します。
自分はタイヤ会社で働き、ケイトと結婚している事に気づかされ、13年前自分が仕事を選ばずにケイトと別れなかった世界に迷い込んでいました。
金・地位・名誉を一晩で失ったジャックは子供の世話・犬の散歩・低収入の仕事などありえない毎日が続き、楽しくありませんでした。
しかし、ある日の夜。一本のビデオを見ます。
それはケイトの誕生日のお祝いビデオで二人は愛し合っていました。
そして、ジャックの心にも変化が起き、今まで面倒と思っていた子供の世話・犬の散歩・仕事に力を入れ、家族との暮らしにも慣れていきます。
そんな中、元の世界で社長をしていた会社の会長がタイヤ交換で偶然やってきます。
チャンスだと思ったジャックはうまく話を取り入れ、「修理後、君が車を届けてくれ」と言われます。
車を届け、会長との会話でに元の世界の知識を出し、会長に気に入られ雇用してもらえるようになります。
この世界でも社長になれると感じたジャックは「理想の生活が手に入る」とケイトに伝えます。
しかし、ケイトは「今の生活が幸せ」と伝えられます。悩むジャック。
その夜、ロンドン行き飛行機のチケットでした。
13年前に飛行機に乗らずにケイトを選んだのではなく、一度仕事を選びケイトの元に戻ってきていたのでした。
ケイトは「乗った時、戻ってこないと思ったから、奇跡だと思った」とジャックに伝える。
それを聞いたジャックは元の会社の雇用を辞め、家族と今の暮らしを選びます。
そんな時、塩がないことに気づいたジャックは、コンビニに向かいます。
すると、店員がキャッシュでした。
ジャックはキャッシュに「元の世界には戻らない」と伝えますが、キャッシュは「きらめきは一瞬、永久には続かない」と言われます。
それに対し、ジャックは眠りにつけば元の世界に戻ってしまうと思い、家族に別れを告げ、眠りにつきます。
目が覚めると、やはり元の世界に戻っていました。
ケイトの家に会いに行きますが別の住人が住んでおり、ケイトはいませんでした。
大事な商談があったジャックでしたがケイトを探します。
ケイトは、あの世界では無料弁護士をしていましたが元の世界では敏腕弁護士になっており、会いに行ったときはパリへの引っ越しの準備の最中でした。
ジャックは「あの世界のようにいかない」と感じ、帰ります。
しかし、諦めきれなかったジャックは秘書との会話で聞いた飛行機のチケットの時間に空港に向かいます。
そこで、ケイトを見つけたジャックは「行かないでほしい」「コーヒーでも飲まないか?」と問いかけます。
目の前にパリ行きの飛行機があるので、当然ジャックに気づくもチケットを係員に渡そうとします。
ジャックはケイトや子供との幸せを知っており、ケイトが飛行機に乗ってしまえば13年前と何も変わらないと感じ、「幸せな夢だったかもしれない」「でも現実に見えた」と子供の名前なども言い、パリには行かないでほしいと伝えます。
その思いが伝わり、ケイトはパリ行きをキャンセルします。
そして、ラストシーンで2人は笑いながらコーヒーを飲んでいます。
パラレルワールドといった世界でしょうか?
もしも、自分が違う選択をしていたら。どんな未来になっていたのだろう?
そんなことを強く感じさせられる映画でした。
過去や未来には行けないけれど、今を必死に生きて死に際に後悔がないように生きていきたいと思いました。
気になった方はぜひ見てみてください!

日常 趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました