スポンサーリンク

ゾッとした話

スポンサーリンク
日常

今日はゾッとした話をお届けします。
この話は友人に去年の忘年会帰りに車で聞いた話です。
友人の先輩A・B・Cさん話です。
よくある話ですが、悪乗りで心霊スポット巡りというのを夜中に徘徊することが一時期流行っていました。
何個か心霊スポットに行っても幽霊には会えず。
つまらない日々。
そんなある日、いつもと変わらず心霊スポット巡りに行き幽霊に会えず3人で車で帰宅。
「結局出ない」「いないんじゃね?」そんな話の最中。
後ろに乗っていたC君が「おしっこしたいから止めて」と言い、A君は車を止めました。
A君とB君は車で待ちながらC君を見ました。
たちしょんをしているC君。
しかし、出している先はお地蔵さんでした。
尿を出し終えたC君は車に乗り運転再開。
今日も何も起こらず終わると思っていた3人。
帰り道のトンネルに差し掛かった時、トンネルの真ん中に人が立っているのが確認できました。
時刻は深夜2時を回っている。
「本当に人なのか?」近づくと、やはり人が立っている。
「もしかして幽霊?」「こんな時間におかしいよな」
「どうする?」戻って道を変える選択はありました。
行くか、戻るかでA君はB・C君に問いました。
するとC君が「行っちゃえ!」と返答。
「わかった」とA君が言い、直進。
すると、何かにぶつかった音がしました。
「やばい」「人だったんだ」と車から急いでおりました。
倒れている人を見て背筋が凍りました。
そこに倒れていたのはC君でした。
状況が掴めない二人。
車を見ても誰もいませんでした。
この話を聞いた時、C君は怪我がひどく入院中との事でした。
現在はわかりません。
いかがでしたでしょうか?
真相は分かりませんが、お地蔵さんに失礼な事をしたことで起こった災難だと思いました。
私はこの話を聞いたとき全身がゾッとしました。

日常
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました