スポンサーリンク

【THE BLUE HEARTS】英雄にあこがれて×ろくでなしBLUES

スポンサーリンク
趣味

こんにちは!
本日は【THE BLUE HEARTS】の英雄にあこがれてについて書きます。

前田太尊VS大場ヒロト

第38巻 英雄にあこがれて
ヒロトは中学の後輩から「前田がバックにいれば怖いものない」と言われ、太尊に頼ってばかりで自分自身は弱い人間で何もできていないと感じ、一人で喧嘩を売り弱い心を晴らそうとします。
気持ちが晴れない日々。
晴れない理由は、太尊には敵わないという嫉妬
そして、どうすることもできない自分への怒りでした。
ヒロトは太尊にタイマンを挑みます。
アッパー、チョークスリーパーを喰らい絶体絶命。
しかし、ヒロトはどんなに苦しくてもタップせず立ち向かおうとしました。
結果は気絶して完敗。
けど、寝ているヒロトの顔は笑っていました

歌詞

作詞:甲本 ヒロト
作曲:甲本 ヒロト

おしまれながら死んでゆく 英雄にあこがれ
いばらの道を見つけだし クツをぬぎすてる

あんまり平和な世の中じゃ カッコ悪すぎる
宣戦布告! 手あたり次第
そうです これが若者の……

音もたてないですぎていく やり直せない日々
運動場のはしっこで 悪魔を育てよう

誰にも気づかれないように 食べ物を少しわけてやる
金網の中で大きくなれよ
そうです これが若者の……

月曜の朝の朝礼で 手首をかききった
運動場のはしっこで 悪魔が笑っている

あんまり平和な世の中じゃ カッコ悪すぎる
宣戦布告! 手あたり次第
そうです これが……

おしまれながら死んでゆく英雄にあこがれ

意味

おしまれながら死んでゆく 英雄にあこがれ

太尊を「殿」と慕っていたヒロト。
強くて優しく助けてくれる太尊にヒロトは憧れていました。

あんまり平和な世の中じゃ カッコ悪すぎる
宣戦布告! 手あたり次第

しかし、太尊に嫉妬もしていました。
太尊より強い人はいない。でも、そんな平和な日常でいいのか。

音もたてないですぎていく やり直せない日々
運動場のはしっこで 悪魔を育てよう

嫉妬と憧れから、次第にヒロトの中に歯向かいたいという気持ちが芽生えた。

いばらの道を見つけだし クツをぬぎすてる

そして、手当たり次第に喧嘩を吹っ掛けたが気持ちは晴れない。

あんまり平和な世の中じゃ カッコ悪すぎる
宣戦布告! 手あたり次第
そうです これが……
おしまれながら死んでゆく英雄にあこがれ

晴れない正体は全てが太尊に向けての気持ちだった。
憧れだからこそ超えたい。そんなヒロトの気持ちを感じました

まとめ

ろくでなしBLUESを読み始めてから、ブルーハーツを深く聞くようになったのですが、今回の話もかなりグッときました。
人に対する憧れから、自分自身を変えたいと思う気持ち
見事、漫画とマッチしていました。
周りに話が合う友達はいませんがブルーハーツ、ろくでなしブルース共に最高です。

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました