スポンサーリンク

【漫画】QPを読んだ感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は漫画【QP】をご紹介します。

概要

高橋ヒロシによる日本の不良漫画作品
『ヤングキング』(少年画報社)にて連載された。
単行本は全8巻、外伝1巻。
『クローズ』など他の高橋作品で展開される喧嘩や抗争は、社会に出る前の不良同士の力試しとして明るいテイストで描かれているが、この作品はこうした構図の中で、社会へ出なければならない石田や我妻が、明るい世界で生きることが出来るのか、ということが大きなテーマとなっており、喧嘩や抗争は基本的に陰惨な暴力として描かれている。

あらすじ

本当の強さとは何か。すべての男達に問いかけ続ける伝説の不良活劇「キューピー」。
かつて、街の不良たちを恐怖のどん底におとしいれた伝説の男、「キューピー」こと石田小鳥が帰って来た!!
ガソリンスタンドで働き始めた小鳥に、再び暴力の火の粉がふりかかる!!
上田秀虎との友情。「壱年連合」との抗争。
小鳥を再び暴力に目覚めさせる事に執念を燃やす親友、我妻涼。青春を力まかせに走り抜けた熱き男達の日々!!
人生とは、友情とは、シアワセとは。

見どころ

  • 最強の男
  • 闇に落ちた我妻涼
  • 熱き男たち

感想

QPはクローズ、WORSTを読んでから高橋ヒロシ作者だったので読みました。
3つの漫画で一番えげつない主人公です。
強さは勿論、髪型やガタイなどびっくりすることが多いです。
裏の主人公ともいえる我妻涼もかっこいいですし、外伝も出ています。

まとめ

高橋ヒロシさんは間違えないですね。
興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました