スポンサーリンク

【漫画】NARUTOを見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は漫画【NARUTO】をご紹介します。

概要

岸本斉史による日本の漫画作品。
またこれを原作とするアニメ、ゲームなどの作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1999年43号から2014年50号まで連載された。
全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。
忍同士が超常的な能力「忍術」「体術」「幻術」「仙術」を駆使して派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画。

あらすじ

NARUTO:木ノ葉隠れの里の落ちこぼれ忍者、うずまきナルトは里一番の忍者「火影」を目指して日々奮闘中!
個性豊かな忍たち、過酷な戦いを通じて芽生える友情、そして己の忍道を貫くために避けられない別れ。
自分と仲間を信じ、数々の試練に立ち向かう!
疾風伝:自来也との修業の旅を終えて久し振りに里に戻ったナルトを待っていたのは、医療忍者として頼もしく成長したサクラと相変わらずのカカシ。
そして成長を遂げたかつての仲間達だった。
しかし再会の喜びもつかの間、木ノ葉に衝撃の報せが入る。

見どころ

  • 忍者バトル
  • それぞれの成長
  • 火影への道

感想

最近友人が見始めて、見返したりしたのですがやっぱり面白い作品ですね。
少年期は根性・努力で成長していく姿が、疾風伝では個々の特性を生かしての術が増えてかっこいいシーンが増えます。
ナルトとサスケの関係には「そうだったのか。。。」と最後にはなりました。
それぞれのキャラにも物語があって面白いです!

まとめ

忍者といえばNARUTOですよね。
興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました