スポンサーリンク

【漫画】幽遊白書を読み終えた感想

スポンサーリンク
趣味

こんにちは!
本日は先日【幽遊白書】を読み終えたので、感想をお伝えします。

概要

冨樫義博による漫画作品。
1990年から1994年にかけて週刊少年ジャンプで連載されたバトル漫画

あらすじ

ある日、道路に飛び出した子どもをかばい事故死してしまった不良少年「浦飯幽助」は、霊界の特例として与えられた試練を乗り越え、現世へと復活する。
その後、霊界探偵として人間界で悪事を働く妖怪を取り締まるうちに、幽助は大きな戦いへと巻き込まれていく。

見どころ

  • 友情・努力・勝利
  • 根性
  • 妖怪との激闘
  • 仲間との絆
  • 浦飯幽助の成長

感想

私は【HUNTER×HUNTER】を先に読んでいた為「すごい似てる」と思いました。
作者が同じなだけあってか、ストーリーを短くした感じでした。
幽遊白書】から読んだ方は逆に思うかもしれません。
正直、漫画は字数が多い気がしたのでアニメをお勧めします。

まとめ

古い漫画ですが、アニメや映画にもなっている名作です。
気になった方は是非ご覧ください。

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました