スポンサーリンク

【漫画】カラオケ行こ!を読んだ感想

スポンサーリンク
趣味

こんにちは!
本日は漫画【カラオケ行こ!】を読んだ感想をご紹介します。

概要

大注目のマンガ家・和山やま先生の最新作『カラオケ行こ!』。
発売前から重版決定、発売直後から書店で在庫切れが続出する人気ぶりの注目作品。
話題の作品が描き下ろしを加えて待望のコミックス化。

あらすじ

合唱部部長の聡実はヤクザの狂児にからまれて歌のレッスンを頼まれる。
彼は、絶対に歌がうまくなりたい狂児に毎週拉致されて嫌々ながら、歌唱指導を行うが、やがてふたりの間には奇妙な友情が芽生えてきて、、、

見どころ

  • 歌が上手くなりたい事情とは
  • 何故聡実に近づいたのか
  • 男の友情
  • 感動もあり

感想

知ったきっかけは先週放送の「アメトーク」の漫画大好き芸人でジャングルポケットの太田さんが紹介していて知りました。
1巻完結型ということで、興味が湧き読みました。
ヤクザと中学生というストーリー性は初めての体験で面白かったです。
聡実の狂児に対する気持ちの場面はグッとくるものがありました。
シュールな笑いと感動があって面白い作品だと思いました。

まとめ

1巻完結型なので時間もかからず、内容はしっかりしていて良かったです。
興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました