スポンサーリンク

【漫画】やったろうじゃん!!を読んだ感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は漫画【やったろうじゃん!!】をご紹介します。

概要

原秀則の野球漫画
1991年から1996年まで『ビッグコミックスピリッツ』にて連載された。
単行本は小学館ビッグスピリッツコミックスで全19巻、のちビッグコミックスワイド版で全9巻が刊行されている。

あらすじ

創部3年目にしてベスト8入りを果たした朝霧学園野球部。
しかし、のびのびと野球を楽しんでいるこのチームには、甲子園に行くための決定的な「何か」が足りなかった。
ある日、そんな野球部の前に謎の新監督が現われ!?
鬼監督・喜多条を迎え、甲子園を目指す朝霧ナインが、理想と現実のギャップを克服し、高校時代の3年間を完全燃焼する姿を爽やかに描いた傑作!!

見どころ

  • 参考になる
  • 泥臭い野球
  • 監督の過去

感想

高校一年生の時に読んだ作品でした。
当時の私の母校の野球部は県ベスト8の実績があり、注目をされている高校でした。
「やったろうじゃん!!」もベスト8という実績がある高校に新監督が来るという話なので、リンクしている部分があり夢中になって読んでいました。
練習などは意外にも参考になるので面白かったです。
新監督にも実力があった過去から監督になる経緯までも面白いです。

まとめ

練習シーンが多いので面白かったです。
興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました