スポンサーリンク

【漫画】めぞん一刻を読んでみた感想

スポンサーリンク
趣味

こんにちは!
本日は【漫画めぞん一刻をご紹介します。
アニメにもなっている名作です。

あらすじ

時計坂」という町にある「一刻館」という名の古いアパートの五代裕作(住人)と、管理人としてやって来た音無響子(未亡人・管理人)を中心としたラブストーリー。
人よりも苦労を背負い込んでしまう世渡り下手な五代裕作と、生来の鈍感さと亡き夫へ操を立てるがゆえの真面目さを合わせ持つ、美貌の音無響子の織り成す恋愛模様を描く。

見どころ

  • 個性豊かな登場人物
  • 純愛ストーリー
  • 複雑な恋愛
  • 五代裕作と音無響子の恋の行方は
  • トラブル多数

感想

1980年代と今では古い作品ですが、時代ならではの恋愛ストーリーで面白かったです。
五代裕作音無響子の恋の行方がメインですが、他の登場人物それぞれの恋も描かれていて飽きることなく楽しめます。
フィクションぽくなく、ストーリーがリアルなので本当にありそうな恋愛でした。

まとめ

周りには「めぞん一刻」を知っている人は少ないですが、今の時代だからこそ見てほしい作品だと思いました。
アニメ版はカットされているシーンや人物がいるので、個人的には漫画がおすすめです。

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました