スポンサーリンク

【漫画】うる星やつらを見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は漫画【うる星やつら】をご紹介します。

概要

高橋留美子による日本の漫画作品。
第26回(1980年度)小学館漫画賞少年少女部門受賞作。「うる星」とも。
2019年4月時点で累計発行部数は3000万部を記録している。
浮気者の高校生・諸星あたると、彼を愛する一途な宇宙人美少女・ラムを中心に架空の町、友引町や宇宙や異次元などを舞台にしたドタバタラブコメディ。
その内容の斬新さと魅力的なキャラクターは1980年代のみならず以降の漫画界とアニメ界に衝撃を与え、当時の若者たちの圧倒的支持を受けて一大ブームを引き起こし、若者文化にも影響を与えた。

あらすじ

宇宙人である鬼族が、地球侵略を仕掛ける。
鬼族は圧倒的な技術力と軍事力を保有しており、武力で容易に地球を手に入れるのでは簡単過ぎて面白くない。
そこで、鬼族代表と地球代表とが一騎討ちで戦い、地球代表が勝った場合、おとなしく帰り、地球代表が敗れた場合、地球を占領すると宣言した。
その一騎討ちは、鬼族の伝統に従い『鬼ごっこ』で行われ、期限内に地球代表が鬼族代表の角を掴むと地球の勝ち、鬼族代表が逃げ切ると鬼族の勝ちというものである。
地球の命運を賭けた「鬼ごっこ」の地球代表に選ばれてしまった高校生の諸星あたるは、当初やる気がなかったものの、恋人で幼なじみである三宅しのぶの色恋仕掛け(勝ったら、結婚してあげる)により、彼女と結ばれたいがために鬼族代表のラムを追いかけ始める。
あたるがラムを追いかけつつ発した「勝って結婚じゃぁ〜」の一言は、あたるが恋人で幼なじみのしのぶを想っての発言であったが、ラムは自分に求婚しているのだと勘違いし、それを受け入れてしまう。
そのため、鬼ごっこには勝利、地球は侵略を免れるが、ラムは諸星家に住み着いてしまう。
かくして、恋多き男・あたると宇宙から来た押しかけ女房・ラムの果てしなき鬼ごっこが始まる。
そして、友引町はさまざまな災いや奇妙な出来事に巻き込まれていく。

見どころ

  • 個性豊かなキャラクター
  • 笑える日常
  • あたるとラムの恋の行方は

感想

非常にいいアニメでした。
特に最終巻(34巻)は感動しました。
ラムちゃんと暮らすようになってから、あたるの女癖が悪い理由はラムに構ってほしくてやっていることが作中に判明しました。
初めはラムちゃんに素っ気なかったあたるもラムちゃんとの結婚している未来の扉を必死に守ったりしているシーンはグッときました。
一途なラムちゃんと不器用ながら一途なあたるの恋愛は良かったと思いました。

まとめ

高橋留美子先生。感無量です。
興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました