スポンサーリンク

【映画】The Tomorrow Warを見た感想

スポンサーリンク
未分類

こんばんは!
本日は映画【The Tomorrow War】をご紹介します。

概要

2021年のアメリカ合衆国のミリタリーSFアクション映画。
監督はクリス・マッケイ、脚本はザック・ディーン、ビル・ドゥビューク、出演はクリス・プラット、イヴォンヌ・ストラホフスキー、J・K・シモンズ、ベティ・ギルピン、エドウィン・ホッジ。
本作は、パラマウント映画によって2020年12月25日に劇場公開予定だったが、新型コロナウイルス感染症の流行により断念され、配給権はAmazonに売却され、Prime Videoにて2021年7月2日に全世界でデジタル配信された。

あらすじ

2020年、世界中が熱視線を注ぐサッカーの試合中、ピッチ中央に突如、青白いプラズマのような何かが発生する。
その向こうから重火器を装備した軍勢が現れ、リーダーと思しき女性が世界へ向けてこう言い放った。
私たちは30年後の“あなたたち”だ
2051年からやってきたという彼女たちは、人類は30年後に未知の生物と戦争になり、やがて敗北するという衝撃の事実を告げる。
人類が生き残る唯一の希望は、“現代の民間人ら”を“未来に兵士”として送り込み、戦いに加勢することだという。
妻と娘を愛する高校教師ダン・フォレスター(プラット)は、その1人に選ばれる。
戦争は「7割が生きて帰ってこられない」とされていた。
しかしダンは、まだ幼い娘の未来を守るため戦うことを決意。
疎遠になっていた父親(J・K・シモンズ)や、未来の優秀な科学者(イボンヌ・ストラホフスキー)とともに、地球の運命を変えようと立ち上がる。

見どころ

  • 家族愛
  • エイリアンとの攻防
  • 生き残れるのか
  • 現代で出来ることとは

感想

友人の勧めで久しぶりにSF映画を見たのですが、内容は面白かったです。
未来で交わる大佐の存在にはびっくりしました。
未来での経験から現代での行動にも納得です。
感動もあって特に家族愛にグッときました。
関わる人物が後半で関わってきます

まとめ

Primeのみではもったいないぐらい面白かったです。。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

未分類
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました