スポンサーリンク

【映画】STAND BY ME ドラえもんを見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【STAND BY ME ドラえもん】をご紹介します。

概要

2014年8月8日公開の日本のアニメ映画。
脚本は『三丁目の夕日』シリーズ、『永遠の0』などを手がけた山崎貴。
監督は『friends もののけ島のナキ』を手がけた八木竜一と山崎貴の共同監督。
シリーズ初の3DCG作品であり、『ドラえもん』を再構築した作品である。
テレビアニメ第2作2期シリーズの3D作品で、藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品となっている。

あらすじ

東京の郊外に暮らす運動オンチで勉強もできない少年、のび太。
ある日、22世紀から子孫であるセワシがドラえもんと一緒にタイムマシンでのび太を訪れる。
のび太が作った借金が原因で、セワシのいる代まで迷惑をこうむっていた。
そのためセワシは、のび太のために世話係のネコ型ロボット・ドラえもんを連れてきたのだ。
こうして、のび太はドラえもんと暮らすことになり。

見どころ

  • ドラえもんとの出会い
  • ドラえもんが現代に来た理由は?
  • のび太の決意

感想

3DCG映像に少し抵抗があって、見ていなかった作品でした。
ドラえもんはがっつり知っていると言える程ではないのですが、映画の内容は有名な話なので知っていました。
それでも感動させられました。
結婚式前日のしずかちゃんとお父さんとの会話。ジャイアンとのび太の喧嘩。
クレヨンしんちゃんは毎週見ていて、ドラえもんは見ていなかったのですが、見てみてもいいかなと思いました。

まとめ

泣ける名作です。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました