スポンサーリンク

【映画】青天の霹靂を見た感想

スポンサーリンク
未分類

こんばんは!
本日は映画【青天の霹靂】をご紹介します。

概要

作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。
40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る。
『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋が不思議な体験をする主人公を快演し、その両親にふんする劇団ひとり、『GO』などの柴咲コウが物語を盛り上げる。涙と笑いに満ちた物語に加え、4か月の練習を経て臨んだ大泉洋のマジックシーンにも目を見張る。

あらすじ

39歳。売れないマジシャン【大泉洋】
母には捨てられ、父とは絶縁状態。
そんな彼に、突然もたらされる父の死の一報。
なんで俺、生まれてきたんだろう。
絶望に暮れる彼に一閃――
青天の霹靂
そして気付けばタイムスリップ。
その先は40年前の浅草。
全ての娯楽が集まる街で出会ったのは、若き日の父【劇団ひとり】母【柴咲コウ】
スプーン曲げで人気マジシャンとなった彼。
ひょんなことから父とコンビを組むことに。
そして母の妊娠
10ヶ月後、生まれてくるのは…俺だ。
しだいに明らかになる自身の出生の秘密
果たして彼を待ち受ける結末とは――
笑いと、たぶん一粒の涙の物語。

見どころ

  • 劇団ひとりさんの脚本・演技が素晴らしい
  • 病室で明かされる過去
  • 生まれる奇跡

感想

私は始めてみた時から泣かせていただいて、名作だと思っています。
主軸の3人の演技がいいですし、ストーリーもかなり面白いと思います。
笑いあり、感動ありで素晴らしい1作です。

まとめ

生まれる奇跡を感じた映画でした。
興味がある方は是非ご覧ください!

未分類
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました