スポンサーリンク

【映画】関ヶ原を見た感想

スポンサーリンク
昔話

こんばんは!
本日は映画【関ヶ原】をご紹介します。

概要

2017年制作の日本映画。
石田三成と徳川家康を主人公に、豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の戦いに至るまでの過程を描いた司馬遼太郎原作の歴史小説『関ヶ原』の映画化作品。
司馬の小説の映画化は、1999年公開の『梟の城』以来18年振りとなる。
監督・脚本は原田眞人、主な出演は岡田准一、役所広司、有村架純、平岳大、東出昌大、松山ケンイチらで、有村架純は時代劇初挑戦となる。

あらすじ

幼くして豊臣秀吉に才能を認められ、取りたてられた石田三成は、秀吉に忠誠を誓いながらも、正義ではなく利害で天下を治める秀吉の姿勢に疑問も抱いていた。
そんな三成の下には、猛将として名高い島左近や伊賀の忍びの初芽らが仕えるようになるが、秀吉の体調が思わしくないなか、天下取りの野望を抱く徳川家康は、言葉巧みに武将たちを自陣に引き込んでいった。
そして1598年8月、秀吉が逝去。
1600年9月15日、毛利輝元を総大将に立てた三成の西軍と、家康率いる東軍が関ヶ原で天下分け目の決戦に挑むこととなる。

見どころ

  • 展開が早い
  • ガチガチの歴史映画
  • 豪華出演陣

感想

当時友人に連れられ割と大人数で見に行った作品です。
見に行った友人全員が「面白くなかった」「寝た」と言っていました。
私もつまらなすぎて寝ました。
信長協奏曲の映画を想像して見に行くのは駄目です。
しっかり歴史を知っている人には面白いと感じる作品なのかもしれません。

まとめ

>歴史好きには面白いかも?
気になった方は是非ご覧ください。

昔話
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました