スポンサーリンク

【映画】空の青さを知る人よを見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【空の青さを知る人よ】をご紹介します。

概要

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『心が叫びたがってるんだ。』シリーズで知られるクリエイターチーム「超平和バスターズ」が再び結集したアニメ。
ミュージシャンを夢見る女子高生、亡き両親の代わりに彼女を育てる姉、売れないギタリスト、過去から時間を超えてきた男子が織り成す不思議な四角関係を描く。
声の出演には吉沢亮、吉岡里帆、若山詩音がオーディションで選出され、松平健も参加している。

あらすじ

ミュージシャン志望で17歳の高校生・相生あおいは、両親を亡くして以来、恋人との上京を断念し親代わりに自分を育ててきた姉のあかねに負い目を感じていた。
あるとき、あかねの元恋人で上京してから音信不通になっていた金室慎之介が、音楽祭のために町へ戻ってくる。
同じころ、13年前の過去から時間を超えてきた18歳の慎之介・しんのがあおいの前に現れる。

見どころ

  • しんのは何故現れたのか
  • まさかの四角関係
  • あかねへの思い

感想

あいみょんの主題歌ということで以前から気になっていたのですが、見ていない作品でした。
感想は最高でした。
話の内容もEDで流れると思っていた「空の青さを知る人よ」の流れるタイミング、声優陣すべてが最高でした。
理想の夢を追いかける高校生、社会に出て現実に向き合っている30代。
どちらの気持ちも上手く表現されていたと思います。

まとめ

主人公の葵ちゃんがベース+ボブ=アユニ・Dにしか思えませんでした(笑)
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました