スポンサーリンク

【映画】猫の恩返しを見た感想

スポンサーリンク
日常

こんばんは!
本日は映画【猫の恩返し】をご紹介します。

概要

スタジオジブリ制作のアニメーション映画。
監督は森田宏幸。
スタジオジブリの作品『耳をすませば』の主人公である月島雫が書いた物語という位置付けのスピンオフ。
宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とする。

あらすじ

ごく普通の女子高校生ハル。
学校には遅刻するし、ゴミ箱の中身をぶちまける大失態。
おまけに、憧れの男の子が別の女の子といい感じで2ショットになっているのを目撃してしまい、すっかり落ち込んでいた。
そんなハルは、たまたまトラックにひかれそうになった1匹の猫を助けた。
しかし、その猫が実は“猫の国”の王子ルーンだったことから、ハルはお礼として猫の国へと招待される。
そこでハルは猫たちから盛大な歓迎を受け、いつしか“つらい現実より、猫になって楽しく生きたい”と願うようになる。と、そこへ猫の男爵バロンが現われるのだった。

見どころ

  • 恩返しから始まった猫の世界
  • 人間界に戻れるのか
  • ハルの成長

感想

過去に何度も見たことがあったのですが、昔すぎて内容はいまいちでしか覚えていませんでした。
TUTAYAで借りようと思っていた際に、金曜ロードショーでやっていたので見ました。
ところどころ思い出し、逆にこんなシーンあったっけ?となることもありました。
「耳をすませば」の月島雫が描いた小説の話という設定がとても好きです。
恩返しというほっこりした話「現実にもこんなことがあるのかな?」と思いながら見ました。

まとめ

温かい話でした。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

日常
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました