スポンサーリンク

【映画】洋画 ワン・デイ~23年のラブストーリー~

スポンサーリンク
趣味

こんばんは。
本日は洋画 ワン・デイ~23年のラブストーリ~をご紹介します。


意外な結末でびっくりしました。

あらすじ

お互い好意を持ちながらも、親友という関係の2人。
それぞれ異なった人生を歩む2人。
そんな2人は毎年7月15日は会って過ごす。
23年間のラブストーリー。

出会い

1988年7月15日。
エマ(女性)とデクスター(男性)は大学の卒業式で2人は出会います。
真面目なエマと自由奔放なデクスター。
当日、意気投合した2人でしたが、体の関係には発展せず、親友の関係を続けることを誓います。

1989年

エマはロンドンで暮らし始め、デクスターは引っ越しの手伝いをしてあげた。
エマは作家になる夢があり、バイトをしながら努力を重ねている。
そこに、コメディアン志望のイアンと知り合います。

1992年

2人きりで旅行に出かけます。
2人は親友の条件を守りながら旅行を楽しみます。

  • 寝室は別々
  • イチャつかない
  • 裸は禁止
  • スクランブル・ゲーム禁止

 

1994年

多忙な日々に追われ、久しぶりに実家に帰るデクスター。
低俗なテレビ司会者の仕事に家族が反対
家族間のトラブルで悩みを抱え、落ち込む。
エマの声が聴きたくて、相談したくて、エマに電話するが出ない。
エマはイアンと映画に行っていました。

1996年

デクスターのパーティーに呼ばれ、足を運ぶエマ。
久しぶりの再会でしたが、思いがすれ違ってしまう。
教師になったエマにひどい一言を言い、エマは激怒し、デクスターは店を出て説得しますが「愛しているけど、もう好きになれない」とエマに言われます。

1998年

司会した番組の降板。
そんなデクスターはシルヴィーに出会い意気投合します。
その頃、エマはイアンに詩を読まれてしまい、溝が生まれてしまいます。

2000年

友人の結婚式に呼ばれ、4年ぶりに再会する2人。
結婚式に来ていたカルマにデクスターは仕事を紹介されます。
デクスターはデキ婚で結婚することをエマに伝えます。
エマは寂しい気持ちを持ちながらも祝福します。

2001年

ジャスミン(子供)が生まれ育児をするデクスターでしたが、シルヴィーはその頃カルマと浮気をしていました。
エマは作家として自分の本を出し、デクスターはジャスミンに読み聞かせします。
列車で他の子供が読んでいるのを知り微笑みます。

2003年

デクスターはエマに会いにフランスへ行きます。
離婚しエマの大切さに気付いたデクスターでしたが、エマには恋人がいました。
エマは恋人に会いに行き、デクスターは1人で歩いていました。
しかし、デクスターへの気持ちが忘れられないエマは走ってもう一度会いに行き2人は無事結ばれます。

2006年

結婚した2人は子供を作ろうとしますが、中々作れず悩んでいました。
ある日の朝、口論になりデクスターは怒るエマに「仕事の後、映画に行こう」と誘います。
時間を置いて落ち着いたエマは「朝はごめんなさい。あなたを愛している。遅れるが、急いで行く」と留守電を入れました。
自転車で急いで向かうエマでしたが、交通事故に遭い、亡くなってしまいます
デクスターはエマを亡くした喪失感から荒れてしまいます。
実家に帰った際、父から「エマが生きていると思ってみたら」と告げられます。
父は妻を亡くして10年間そうでした。
気持ちを取り戻したデクスターは店を再開。
そこにコメディーを諦め、結婚したイアンがやってきます。
デクスターとイアンはエマに対しての気持ちのぶつかり合いがありましたが、ようやく解決します。

1988年

眠っていたデクスターをエマが起こし「デートに行こう」と誘います。
しかし「両親が来るから行けない」と告げるとエマは寂しそうにします。
そんなエマを見て「少しなら時間がある」と伝え、エマのお気に入りの丘へ向かいます。
現実ではジャスミンと丘に来て親友について語ります。
「友達でいよう」と伝えるエマ。
それに対し「昨晩の続きをしよう」と答えるデクスター。
エマはデクスターの誘いにのり、家に向かいますが予定より早く両親が来ていました。
エマはその場を立ち去りますが、デクスターは追いかけ、電話番号を聞きます。
そして、2人は会う約束をして別れました。

感想

自転車のシーンが長かったので「まさか」と思ったら、まさかで衝撃を受けました。
長い時間をかけて本当の気持ちに気づいた2人、大切な人は意外にも身近にいるのではないかと感じました。
時間は1年の7月15日のみで新しい作品だなと思い、見て良かったと思いました。
気になった方は是非ご覧になってください。

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました