スポンサーリンク

【映画】未来のミライを見た感想

スポンサーリンク
未分類

こんばんは!
本日は映画【未来のミライ】をご紹介します。

概要

スタジオ地図制作による日本のアニメーション映画。
2018年7月20日に東宝配給で公開された。
『バケモノの子』に続く細田守監督による長編オリジナル作品第5作である。
横浜の「兄妹」をテーマに、甘えん坊の4歳の男児・くんちゃんと未来からやってきた彼の妹・ミライちゃんの冒険が描かれる

あらすじ

とある都会の片隅。
小さな庭に小さな木の生えた、小さな家に暮らす4歳のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ、戸惑いの日々を過ごしていた。
そんな彼の前にある時、学生の姿をした少女が現れる。
彼女は、未来からやってきた妹ミライだった。
ミライに導かれ、時を越えた冒険に出たくんちゃんは、かつて王子だったという謎の男や幼い頃の母、青年時代の曽祖父など、不思議な出会いを果たしていく。

見どころ

  • くんちゃんの嫉妬
  • 心の成長
  • 時空を超えて学ぶ

感想

細田守監督で期待して見たのですが、感想は微妙でした。
映画の内容は面白いと思いました。
しかし、くうちゃんの嫉妬、わがままに腹が立って仕方なかったです。
子供だから仕方ないのかな?と思いつつもイライラが止まらなかったです。
最後はしっかり兄として成長していたので良いと思いましたが。

まとめ

おすすめは出来ません(笑)
ご興味がある方は是非ご覧ください!

未分類
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました