スポンサーリンク

【映画】好きにならずにいられないを見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【好きにならずにいられない】をご紹介します。

概要

2015年のアイスランド・デンマークのドラマ映画。
監督・脚本はダーグル・カウリ、出演はグンナル・ヨンソンリムル・クリスチャンスドッティルなど。

あらすじ


アイスランドに住む43歳独身、心優しい大男フーシ。
空港に勤めているのに飛行機に乗ったことがなく、同僚には巨体をからかわれ、近所の女の子と遊んでいると幼女誘拐と間違われる。
そんな冴えない日々を送るフーシの楽しみは、戦車や兵士の小さなフィギュアでジオラマを作って遊ぶこと。
見かねた母は、息子に出会いのチャンスを作ろうとダンス教室を申し込む。
しぶしぶ出かけたフーシだったが、そこで金髪の小柄な女性・シェヴンと出会い、陽気な彼女に惹かれていく。
しかし実は、シェヴンは心に深い傷を抱えていた。
その事を知ったフーシは、恋した女性を守るため、初めて自分から外の世界へ飛び込んでいく。

見どころ

  • 外に出る大切さ
  • 初めての恋
  • フーシの優しさ
  • 徐々に変わっていくフーシ

感想

特にアクションがなく正直、面白くなかったです。
しかし、外の世界に出る大切さ、優しいフーシの人柄には感心しました。
うつ病の深刻さにも痛感しました。
環境を変えると自分を認めてくれたり、信頼してくれる人が必ずいると感じました。

まとめ

外の世界に出ることは出会いがあったり、人生を変えるチャンスがあるのだと感じました。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました