スポンサーリンク

【映画】君の名は。を見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【君の名は。】をご紹介します。

概要

2016年の日本の長編アニメーション映画。
監督・脚本は新海誠、声の出演は神木隆之介、上白石萌音。
前作『言の葉の庭』から3年ぶりとなる、新海の6作目の劇場用アニメーション映画。

あらすじ

地方の田舎町に住む高校3年生の宮水三葉は、古くから続く宮水神社の娘で、祖母の宮水一葉と妹四葉と3人暮らしをしています。
幼い時に母の二葉を亡くし、父は家を出て行き、現在では町長を務めています。
一方で、新宿にある高校に通う立花瀧
父親と2人暮らしで、学校とバイトに追われる生活。
バイト先の先輩の奥寺ミキに憧れている、普通の高校生。
この2人が、ある日、夢の中で入れ替わってしまいます。
最初は戸惑っていた三葉と瀧でしたが、その日あった出来事をそれぞれのスマホに日記を付けることで、お互いの生活に支障が出ないようにします。
目が覚めて入れ替わる頻度は、週に2日。
次第にペースをつかんでいく2人。
夏休み、滝の身体と入れ替わった三葉の努力のおかげで、瀧は憧れの先輩と初デート。
しかし、瀧はデートに集中できません。
別れ際に奥寺先輩から「他に好きな子がいるでしょ」と指摘されてしまいます。
そのデート後、瀧は、三葉に初めて電話を掛けますが、三葉は電話に出ません。
その日以来、三葉とは音信不通。
入れ替わることもなくなってしまうのです。
三葉の様子が心配になった瀧は、入れ替わった時に見た記憶を頼りに、三葉の住む町の風景を描き、彼女を探すのですが…。

見どころ

  • 惹かれていく二人
  • 三葉はどこに行ったのか
  • 二人は出会えるのか

感想

最初はすれ違う2人の話かなと思っていたのですが、見終わった後は深い話で驚きました。
アニメの次元を超えていると思います。
瀧と三葉の関係が進んでいくのも良くて、黄昏時は感動しました。
新海誠さんは天才としか思えません。

まとめ

描写がとても綺麗で圧倒されます。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました