スポンサーリンク

【映画】僕だけがいない街を見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【僕だけがいない街】をご紹介します。

概要

三部けい原作の大ヒットコミックを藤原竜也&有村架純共演で実写映画化し、タイムリープによって18年前の児童連続誘拐事件の謎に迫る青年の奮闘を描いたSFミステリー。
監督は「ツナグ」「ROOKIES 卒業」の平川雄一朗

あらすじ

ピザ屋でアルバイトする売れない漫画家・悟は、ある日突然「リバイバル」という特殊な現象に見舞われるように。
それは、周囲で悪いことが起きる気配を察すると自動的にその数分前に戻り、事件や事故の原因を取り除くまで何度でも繰り返すというものだった。
リバイバルによって大事故を防いだものの自らが大怪我を負った悟は、同僚の愛梨や上京してきた母の看病で回復していく。
そんなある日、悟の母が何者かに殺害されリバイバルが起きるが、今回はなぜか数分前ではなく18年前だった。
そこは、悟の同級生が被害者となった連続誘拐殺人事件が起きる直前の世界だった。

見どころ

  • 未来を変えろ
  • タイムリープ
  • 未来を変えられるか

感想

タイムリープ系が好きで当時話題になっていたので映画館で見たのですが、最初の方でなんとなく犯人が分かってしまって「でしょうね」で終わってしまいました。
少し簡単すぎるというか分かりやすいサスペンスな気がします。
時間を行き来する作品が好きな方にはおすすめ出来る作品かもしれません。

まとめ

気になった方は是非ご覧ください。

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました