スポンサーリンク

【映画】ミッドサマーを見た感想

スポンサーリンク
未分類

こんばんは!
本日は映画【ミッドサマー】をご紹介します。

概要

2019年公開のアメリカ合衆国・スウェーデン合作のホラー映画。
監督はアリ・アスター、主演はフローレンス・ピュー

あらすじ

アメリカの大学生グループが、留学生の故郷のスウェーデンの夏至祭へと招かれるが、のどかで魅力的に見えた村はキリスト教ではない古代北欧の異教を信仰するカルト的な共同体であることを知る。この村の夏至祭は普通の祝祭ではなく人身御供を求める儀式であり、白夜の明るさの中で、一行は村人たちによって追い詰められてゆく。

見どころ

  • 村の祝祭とは
  • 無事に帰れるのか
  • 絵に意味がある
  • ラストに注目

感想

友人に勧められて見たのですが、感想としては祝祭がやばい。でした。
食事シーンも不気味で、基本的に村人の表情に光がない感じで気味が悪いです。
グロシーンも含まれるので、見る際は注意してください。
知らない場所にいくときは調べてから行こうと思いました。

まとめ

やっぱり悪いことをする人はいなくなるのだなと思いました。
興味がある方は是非ご覧ください!

未分類
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました