スポンサーリンク

【映画】ノッティングヒルの恋人を見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【ノッティングヒルの恋人】をご紹介します。

概要

1999年のイギリスのロマンティック・コメディ映画。
ロジャー・ミッシェル監督、リチャード・カーティス脚本。
出演はジュリア・ロバーツとヒュー・グラントなど。
ロンドン西部のノッティング・ヒルを舞台に、冴えない書店主とハリウッド女優の恋愛を描く。
人気俳優陣の出演もあり、今なおとても人気の高いラブ・ストーリー

あらすじ

ロンドン西部のノッティングヒルで小さな書店を営む男性ウィリアム。
ある日彼の店に、ハリウッド女優のアナが訪れる。
その後、ウィリアムは街角で偶然アナとぶつかってジュースをかけてしまい、近くにある自宅で彼女の服を乾かすことに。
アナは不器用だが誠実な彼に惹かれ、2人は恋に落ちるが。

見どころ

  • タッカーの一途な心
  • 価値観の違い
  • 一人の女性への愛

感想

昨日のリリイベで映画に詳しいYU-KIさんに聞いておすすめされたので見ました。
見終わって芸能人との恋愛は難しいもので大変なものだと痛感しました。
そこにがあれば別だと思いますが、、、
とにかくタッカーの一途さと紳士っぷりがかっこいいです。
本屋からの記者会見は痺れました。

まとめ

スパイクは変人だけど変人なりのいいキャラで好きです。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました