スポンサーリンク

【映画】コンフィデンスマンJP プリンセス編を見た感想

スポンサーリンク
日常

こんばんは!
本日は映画【コンフィデンスマンJP プリンセス編】をご紹介します。

概要

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版第2弾。
共演には、劇場版前作「ロマンス編」の竹内結子、三浦春馬、テレビドラマ版の広末涼子、江口洋介らシリーズでおなじみのキャストに加え、「町田くんの世界」の関水渚、「アクシデンタル・スパイ」のビビアン・スー、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」「EXILE」の白濱亜嵐らが新たに参加。

あらすじ

世界有数の大富豪フウ家の当主レイモンドが他界した。
10兆円とも言われる遺産をめぐりブリジットクリストファーアンドリューの3姉弟が火花を散らすが、執事トニーが相続人として発表したのは、誰もその存在を知らない隠し子ミシェルだった。
世界中からミシェルを名乗る詐欺師たちが“伝説の島”ランカウイ島に集結する中、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人もフウ家に入り込み、華麗かつ大胆にコンゲームを仕かけるが。

見どころ

  • 遺産は誰のものに
  • バレずに任務完了できるのか
  • 感動のラスト

感想

以前、映画館で観たかったのに都合が合わず見に行けなかった作品でした。
ドラマ、ロマンス編など関連作品は全て見ていたので気になっていました。
予告編から歴代の詐欺師たちが出演していてすごいです。
信じたものが真実」とてもいい言葉だと思いました。
最後は信じた真実に基づいたハッピーエンドで良かったです。

まとめ

歴代の詐欺師が出演していて面白かったです。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

日常
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました