スポンサーリンク

【映画】クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズを見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ】をご紹介します。

概要

人気TV番組「クレヨンしんちゃん」映画化第12弾。
今回の舞台は西部劇の中
しんちゃんが西部劇のヒーローになり大暴れする、大人も子供も楽しめる一級のエンターテインメント作品。
また、しんちゃんたち野原一家が春日部市民として正式登録されるというおめでたいイベントも。
自分を見失ったしんちゃんが自分を取り戻し、春日部に戻っていくというシリアスなテーマも、盛り込まれており、いままで以上に見ごたえを感じる作品に仕上がっている。

あらすじ

映画館「カスカベ座」で遊んでいたかすかべ防衛隊だが、トイレに行ったしんのすけを残して、みんな忽然と姿を消してしまう。
夜になり行方不明になったみんなを心配した野原一家。
映画館を探しに来たが、延々と上映されている西部劇の映像に目を奪われているうちに、気が付けば一家は映画と同じ西部劇の街に立っていた。
春日部に戻ろうと街をさまようしんのすけたちの前に、変わり果てたかすかべ防衛隊のみんなが。
風間くんは乱暴な保安官に、マサオくんとネネちゃんは、なんと夫婦になっていた。
みんなは春日部の記憶を失っており、それぞれ新しい生活を送っていたのだ。
唯一記憶が残っていたボーちゃんと帰る約束をするが、この世界での生活が長引くにつれ、徐々に春日部の記憶を失い、この世界の生活に馴染んでゆくしんのすけたち。

見どころ

  • 忘れ行く記憶
  • 映画の完成
  • みんなで春日部へ

感想

何度も見たことがあるのに飽きない作品です。
映画を完成させないと映画から出られないという設定も面白いですし「かすかべ防衛隊ファイヤー!!」のところは泣きそうになってしまいました。
かすかべ防衛隊が出る映画は友情が強いので仲間の大切さを強く感じます。

まとめ

下品かもしれないけど最高にかっこいいです。
気になった方は是非ご覧ください。

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました