スポンサーリンク

【映画】エイプリルフールズを見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【エイプリルフールズ】をご紹介します。

概要

人気テレビドラマ「リーガルハイ」の監督・石川淳一と脚本家・古沢良太が再タッグを組み、戸田恵梨香、松坂桃李ら豪華キャストで描く群像コメディ。
2015年4月1日、年に1度だけ嘘をついても許されるエイプリルフールの大都市を舞台に、セックス依存症の天才外科医と、彼との一夜の関係でできた子を身ごもる対人恐怖症の妊婦、不器用すぎる誘拐犯、自分は宇宙人だと信じる中学生ら、総勢27人の個性的な登場人物たちが様々な「嘘」をめぐって繰り広げる騒動を、複数のエピソードを絡ませながら描いていく。

あらすじ

対人恐怖症の清掃員あゆみは、1度だけ関係を持った天才外科医・亘の子を妊娠。
エイプリルフールにそれを告白するが、亘に信じてもらえずに驚きの行動に出る。
一方、一組のロイヤル夫婦はお忍びデートを満喫。
昔気質のヤクザは小学生の少女を誘拐してしまう。

見どころ

  • 全員が嘘つき??
  • それぞれが抱えている悩み
  • 嘘からの幸せ

感想

始めは色々な場面にストーリーが分かれていて、ちょっと苦手な映画に感じました。
それでも最後は全てがつながるストーリーになっていて良かったです。
皆が悩みを抱えている中でのエイプリルフールによって、最後はハッピーエンドで綺麗に終わっているなと思いました。

まとめ

嘘は嫌いですが「エイプリルフールズ」のような嘘はいいなと思いました。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました