スポンサーリンク

【映画】アラジン実写版を見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日は映画【アラジン】実写版をご紹介します。

概要

2019年のアメリカ合衆国のミュージカル・ファンタジー映画。
『千夜一夜物語』の『アラジンと魔法のランプ』に基づき1992年に制作されたディズニーの長編アニメーション映画作品『アラジン』の実写リメイク作品である。

あらすじ

砂漠の国アグラバーに住む、貧しくも清らかな心を持った青年アラジン。
彼は“ドブネズミ”と呼ばれ、底辺の暮らしをしながらも明るくたくましく生き、いつか自分の力で身を立てる夢を持っていました。
ある日彼は、街で王女の侍女ダリアと名乗る女性と出会います。
彼女に会うために王宮に忍び込んだ彼は、国務大臣のジャファーに捕まり、実は街で出会った女性が王女のジャスミンだったことを知りました
そしてアラジンは、ジャファーに洞窟からランプを取ってくれば人生を変えることができるとそそのかされてしまいます。
ジャファーに裏切られながらもランプを手に入れたアラジンは、「3つの願いを叶える」と言うランプの魔人ジーニーと出会いました。
アラジンは3つ目の願いで彼を自由にすると約束して、行動をともにすることに。

見どころ

  • 再現の忠実さ
  • 豪華キャスティング
  • 「ホール・ニュー・ワールド」を聴こう

感想

2019年の公開だけあって、映像がとても綺麗で魅了されました。
話も忠実に再現されていて満足でした。
ホール・ニュー・ワールド」も綺麗な歌声でディズニーの映画らしいミュージカルでした。

まとめ

原作を知っている方も、知らない方もおすすめです。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました