スポンサーリンク

【映画】アメイジングスパイダーマンを見た感想

スポンサーリンク

こんばんは!
本日は映画【アメイジングスパイダーマン】をご紹介します。

概要

映画『スパイダーマン』の「リブート(再始動)作品」
原作コミックの世界がアース616、サム・ライミ監督の『スパイダーマン』三部作がアース96283なのに対し、アメイジング・スパイダーマンシリーズはアース120703である。
元々は、サム・ライミ監督による映画『スパイダーマン』シリーズ三部作の興行的成功を受け、続編として新たな三部作を追加した全六部作構想が発表された。
その新三部作の第一弾となる

あらすじ

両親を亡くし叔父のベンと叔母のメイのもとで育てられたピーター・パーカーは、ある日、父のリチャード・パーカーが残したバッグに隠された資料を見つける。
父について知りたいピーターは、父の研究者仲間だったコナーズ博士に近付くため、オズコープの公開実習に参加する。
単独で行動し侵入した「バイオケーブル」の開発室で遺伝子組み換えされたクモに刺され、博士の下で実習している同級生のグウェン・ステイシーに追い出されてしまう。
その帰りの電車の中でピーターは驚異的な身体能力に目覚める。

感想

流石長編作品なだけありますね。
スーパーヒーローはかっこいいですね。
憧れがありますね。
新作映画もあるので楽しみですね。

まとめ

やっぱりスパイダーマンはいいですね。
興味がある方はご視聴ください。

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました