スポンサーリンク

【夢】夢を見て変わったこと

スポンサーリンク
日常

こんにちは!
本日は先日の記事での自分自身の変化をご紹介します。

当日の面会

私は夢を見た、あの日。祖母に会いに行きました
暇そうな時間を見計らって行くことにしました。
徒歩で向かっている途中、部屋番号がわからないので、父に聞くと「今はリモート面会(予約制)しかない。」と連絡が来ました。
病院到着5分前ほどの連絡でした。
1時間程掛かっていた為「まじか」「来た意味ないじゃん」と思っていました。
もし、あの夢を見ていなかったら、その後の行動はなかったかもしれません。

プロポーズ大作戦

何もせず帰ろうと思った時に、あるドラマのシーンが頭をよぎりました。
それは、【ドラマ】プロポーズ大作戦(第5話)でのワンシーン
広島から礼(長澤まさみ)に会いに来た祖父プリクラを忘れ、卵焼きの美味しさを「また今度でいいよ」「今度会えるし」と言い、素直な気持ちを伝えませんでした
その後、祖父に会うことはありませんでした。他界してしまったのです。
過去に戻った健(山P)「明日野郎はバカ野郎」「いつも明日が来るとは思うなよ」と広島に帰る、礼の祖父から言われました。


現実で礼が素直な気持ちを伝えられずに、未練を残しているのを知っていた為、気持ちを伝えず、プリクラを渡しに行かない礼に対し「明日野郎はバカ野郎」と告げ、バスに乗る直前の祖父に気持ちを伝えさせ、プリクラを無事に渡すというシーンでした。

今できること

プロポーズ大作戦を思い出した私は「明日は来るのだろうか」「夢で何を学んだのだろうか」と感じました。
直接会えないならどうすればいいのか。
そこで思ったのが、手紙でした。
しかも、【THE BLUE HEARTS】の「手紙」が100曲もあるプレイリストの中からたまたま流れてきました。
手紙なら入り口で職員の方に渡せば済むと思い、スーパーで材料を買い手紙を書きました。
人生で初めて素直な気持ちを書きました。

手紙

小さい頃からお世話になっていて、平日は毎日会っていた祖母。
脳梗塞で突然入院し昔のように会えなくなってしまった。
今となれば昔どれだけ支えられていたかわかりました
夢で泣いていたのも、悲しさはもちろんあったと思いました。
しかし、素直に感謝の気持ちを伝えていないのに亡くなってしまった後悔が大きいと思っていました。
だからこそ、今までの感謝素直な気持ちを文字で起こすことができました。

まとめ

実際、祖母が手紙を読んでくれたかは分かりません。
でも、明日が来るか分からない毎日で素直な気持ちを伝えられたことは良かったです。
その後も、父とある期間から喋らなくなっていましたが、ジモティー関連でお世話になった為、お礼を言いました。
気持ちを伝えることは身近な存在こそ照れ臭いと思います。
でも、1秒後に亡くなってしまったら?もう、会えなくなってしまったら?
後悔はいつも後からやってきます。後悔する前に気持ちを伝えておきましょう
私はから大切なものを教えていただきました。ありがとう

日常
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました