スポンサーリンク

【世にも奇妙な物語】トラウマ回

スポンサーリンク
昔話

こんばんは!
今回は【世にも奇妙な物語】のトラウマ回をご紹介します。

世にも奇妙な物語

フジテレビ系列で1990年4月19日から放送されているオムニバステレビドラマ。
フジテレビと共同テレビの共同制作。
ステレオ放送、文字多重放送を実施している。

トラウマ回

私のトラウマ回は2011年5月の『世にも奇妙な物語21世紀21年目の特別編』で放送された。
缶けりです。
あらすじ:藤村(永作)の女友達が亡くなった。
彼女は死ぬ前に旅行でロープウェーに乗車中、反対車線に男の子を見たという。
その子は30年前、藤村達が小学生のころにいっしょに缶けりをしていた最中に行方不明になり、その後遺体で発見された子だった…

感想

当時小学生で次の日の学校で話したのを覚えています。
最後の鬼が追いかけてくるシーンが本当に怖かったです。
びっくりする系ではなくて脳裏に焼き付く感じでとても嫌でした。
今見たらそうでもないですが歴代のランキングにも入っているので怖いのだと思っています。

まとめ

当時缶けりが怖くなりました。
気になった方は是非見てみてください。

昔話
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました