スポンサーリンク

【ケガ】骨挫傷になった。。。

スポンサーリンク
日常

こんばんは!
本日は私の近況報告をさせていただきます。
ケガです。。。

骨挫傷とは

骨折しているのではなく、骨の内部が損傷している状態をいい、出血や炎症および強い痛みを伴う。
打撲や転倒などの衝突によって外部から鈍的な圧力が加わった場合におこり、手指の中手骨や膝関節および足関節の外傷などの際によくみられる。
症状としては関節の屈曲時の痛みのほか、炎症に伴う腫脹や熱感などがある。
骨折ではないためX線検査やCT検査では発見できず、近年になって容易となったMRI検査によってはじめて発見できるようになった。

きっかけ

私が骨挫傷になったきかっけは3・4週間前に行ったスパーリングでした。
相手の膝?肘?に脛骨(スネ)が当たり腫れました。
少し上部に腫れだったので、脛骨が慣れていないだけで、すぐに治る打撲だと思っていました。
しかし、一向に腫れが引かず、日常生活に支障はないですが、物に当たると痛みがあります。
特にミットを行う際に痛みが発症します。
あまりにも長い痛み・腫れがあり疑問に思ったので先生に相談したところ、骨挫傷と言われました。

まとめ

7月に学生生活最後の試合があるので、隠して練習していくつもりです。
実際に腫れが引かず、皮膚ではなく骨が腫れている人は医療機関に受診した方が良いかと思います。
皆さんもお気おつけください。健康第一

日常
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました