スポンサーリンク

【アニメ】バジリスクを見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日はアニメ【バジリスク】をご紹介します。

概要

原作の『甲賀忍法帖』は、故・山田風太郎氏の手による「忍法帖」シリーズ第一作。
現代の様々な作品においても散見される「超人的能力者同士による団体戦」という構図を広めた作品であるとされる。
2003年~2004年に『ヤングマガジンアッパーズ』(講談社)で連載された。全5巻(漫画文庫は全3巻)。
2005年、GONZOによってアニメ化された。
その後にパチスロとしてリリースされるなど、現在でも人気は高い。
弦之介、二人の主人公それぞれが瞳に絶大な力を宿す(後述)事から来ている。
長年の因縁を持つ忍の一族同士の争い、そして宿命の中で翻弄され引き裂かれる個人の哀しみと想いを描いた伝奇物語。

あらすじ

時は江戸。甲賀伊賀、二つの忍び里があった。
それぞれは源平の昔より数百年の対立、更にはかつて伊賀を見舞った悲劇の際に起きた行き違いがもとで互いを憎しみ合う間柄であった。
しかし二つの里の全面戦争を危惧した初代服部半蔵が取り持った「不戦の約定」により、互いの関係はとりあえずの平和に収まっていた。
甲賀・卍谷の里頭領、甲賀弾正の孫にして甲賀最強の瞳術使い、甲賀弦之介。
伊賀・鍔隠れの里頭領、お幻の孫にして、神秘の目を持って産まれた娘、朧。
危うげな平穏の中で二人は恋仲となり、互いの里の和睦を願い、祝言の準備を整えていた。
時同じくして、徳川家では後継者問題が噴出。
愚鈍な兄・竹千代と聡明な弟・国千代を支持する者同士の争いが激化しつつあった。
これを終息させるため、大御所・徳川家康は南光坊天海の発案により「伊賀と甲賀の忍同士を争わせ、その勝者の陣営により世継ぎを決定する」事を決める。
ここに、甲賀と伊賀の「不戦の約定」は解かれ、双方10名ずつ忍者を選出しての10対10の忍術による殺し合いの幕が切って落とされたのである。

見どころ

  • それぞれが持つ忍法
  • 瞳術
  • 生き残るのは?
  • 弦之介と朧の恋はいかに

感想

漫画とアニメを並行してみていたのですが、アニメの方がいいのかなと感じました
絵が結構綺麗で漫画は少し古いので少し差を感じました。
パチンコで打ったことがあって内容は全く知らなかったので、読んでみたのですがストーリーもサクサク進んで漫画は5巻完結アニメは24話完結なのであっさり見終わりました。
最後はハッピーエンドかと思いきや以外な展開で「え!?」と声を出してしまいました。

まとめ

人気なだけあるなという作品で面白かったです。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました