スポンサーリンク

【アニメ】はじめの一歩を見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日はアニメ【はじめの一歩】をご紹介します。

概要

ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品
1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。
登場人物の多くにボクシングの歴史を彩った実在選手の姿が投影されている。
作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで著名なプロボクサー達と親交があり、『週刊少年マガジン』誌上でも若手を応援するコメントなどを載せている。

あらすじ

主人公の幕之内一歩母子家庭で釣り船屋を支える気の弱いいじめられっ子。
そんな幕之内一歩は、プロボクサーである鷹村守と出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムへの入門後にプロボクサーとなり、ライバル達との戦いを通じて人間として、プロボクサーとして成長していく。

見どころ

  • チャンピオンへの道
  • 個性豊かなメンバー
  • 笑いあり感動あり
  • ライバルとの出会い

感想

今の時代のボクシング漫画と言えば「はじめの一歩」だと思います。
アニメしか見ていないので、漫画の部分は分かりませんが、アニメはブライアンホークVS鷹村の試合までぐらいはものすごく面白いと思います。
それ以降は微妙に感じました。
最初の方はボクシング技術的な面でも、参考になる部分もあって勉強になります。

まとめ

アニメの続編を見たいです。
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました