スポンサーリンク

【アニメ】あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。を見た感想

スポンサーリンク
趣味

こんばんは!
本日はアニメ【あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。】をご紹介します。

概要

A-1 Pictures制作による日本のオリジナルテレビアニメ作品
2011年4月から6月までフジテレビ・ノイタミナ枠などで放送された。
全11話。略称は「あの花」、「あのはな」。
2012年に漫画化、2013年8月31日には劇場版が公開された。
2015年9月21日には実写ドラマが放送された。

あらすじ

じんたん(宿海仁太)めんま(本間芽衣子)あなる(安城鳴子)ゆきあつ(松雪集)つるこ(鶴見知利子)ぽっぽ(久川鉄道)の6人は、小学校時代に互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成して秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。
しかし突然のめんまの事故死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、超平和バスターズは決別、それぞれ後悔や未練や負い目を抱えつつも、中学校卒業後の現在では疎遠な関係となっていた。
高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていたじんたん。
そんな彼の元にある日、死んだはずのめんまが現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。

見どころ

  • それぞれが抱えている過去
  • めんまのお願いとは
  • 過去の日記
  • 成仏できるのか

感想

話数が少なく、泣けると話題だったので一気見しました。
正直な感想は最終話で全部持って行くといった感じでした。
最終話は確かに感動しますが、それ以外は特に、、、といった感じです。
それでも、忘れがちな少年時代の無邪気な心を取り戻させてくれるような作品でした。

まとめ

基本的に泣けない人間なので、恐らく泣けると思います!
ご興味がある方は是非ご覧ください!

趣味
スポンサーリンク
シェアする
zakochinをフォローする
ざこちんのほのぼの日常ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました